髪の毛のいろんなタイプ

>

すぐ傷む髪とはどんなものか

髪が傷むのはなせか

髪の毛が傷むというのは髪の毛が傷ついてしまっているということになります。
髪の毛がぱさぱさしたり、チリチリになったりした状態のことを指します。

なぜそうなるのかと言うと、シャンプーやタオルドライの時に力強くゴシゴシと拭いたり、ドライヤー時間が無駄に長いと傷ついていきます。
かと言って自然乾燥も栄養を奪っていきます。
また、頻繁にカラーやパーマをしていると、髪の毛への負担がものすごくかかってしまい、結果的に髪の毛が傷ついてしまいます。
コテやヘアアイロンでのセット、夏場に強い紫外線にさらすのも良くないです。

その他だと、加齢によって崩れたホルモンバランスの影響やストレス、遺伝や産後のホルモンの減少も原因の一つです。

どうしたら傷みを防げるか

では、どうしたら傷みを防げるのでしょうか。

一番簡単な方法は、シャンプーのときに優しく丁寧に洗い、そのシャンプーも髪の毛に負担が少ないノンシリコンシャンプーを利用することです。
その後に、トリートメントで髪の毛を整えてきれいに洗い流します。
そしてタオルドライ後にヘアオイルを利用して、髪の毛に栄養を与えてあげます。
これだけでも、かなり髪の毛も喜んでいます。

シャンプー時以外での対策法は、ドライヤーやヘアアイロンを正しく使う、日傘や帽子などで紫外線対策を万全にするということがあります。

こういった日常生活の一部で簡単に出来る対策法を日ごろから忘れずに行うと、傷みも減っていき、きれいな髪の毛を維持することが出来ますよ。


この記事をシェアする